営業所案内

三宮南支店

小説を共有

無題

中学2年の息子と、読む小説を共有する様になってきました。
お互いが読み終えた本を薦めあい、感想を言いあっています。
好むジャンルが似ていても読み終えた後の感じ方は少し違い、
これまで見えなかった息子の感性に触れることができ、
嬉しかったり複雑だったり。
ただ自分が中2のころよりずっと「本」に親しんでいる姿に安心します。
だから本を買うお金は小遣いの範囲外とし、別途支給する様にしました。
知らぬ間に、本棚に見慣れぬ本が増えていくのも悪くありません。
今、私が読んでいる本も、息子お勧めの一冊です。
いつか、息子と共有できる書斎か書庫をつくることが望みです。