営業所案内

三宮南支店

空想少年。

皆さま、秋の夜長如何お過ごしでしょうか?
食欲の秋、旅行の秋、読書の秋です。
私は小さい頃、空想少年でした。
毎日、色々なジャンルの本を読み、寝るときにその主人公になって本の中の世界の人生を過ごしました。
100万回生きた猫という絵本がありますが、まさにそんな気分でした。
だからか、平凡な人生だけは送りたくないと強く思っておりました。そう思う時点で実は平凡な人間なので、現在は思い切り平均的、平凡な生活を日々営んでおります。
ある決断の時に、嘘か誠か、不思議な夢を見ました。
私は短大か女子大かの先生になって授業とか進路相談とかしてました。独身ですが、仕事に恋愛に忙しく色々充実してそうでした。
その自分が後悔はしてないですが、あのもう一つはどんな人生だったかな?と回想してました。
嘘か誠か、その夢を見て私はある決断を致しました。
そして、どこかで学校の先生をしている自分は、夢の中で今の私の生活を見ているのかもしれません。
果たしてどちらが本当の夢なのでしょうか。

秋の夜長、信じるか信じないかはあなた次第です。ちゃんちゃん。