営業所案内

さんプラザ支店

初めて買ったCD

 先日従兄弟と肉を食べてたときに飛び込んできたニュース、

イチローが引退

サッカーの三浦知良選手と同じように最低でも50歳まで現役選手として頑張るんだろうなと思っていたのでとても驚きました。

同時にあと一週間ほどで新元号が発表されることもあり、平成が終わるんだなと改めて感じました。

私が生まれたのは昭和でしたが、ちゃんとした記憶が残っているのは平成に入ってから。

そこで初めて買ったCDってなんやっけ??となり、思い出してみました。

私が初めて買ったのは、小学校4年生のとき、
シングルCDはまだちっちゃく、表面の紙をめくるだけでCDが出てくるやつが主流だったときです。
あすなろ白書が流行ってて、筒井道隆のかっこよさがあの当時はわからず、キムタクのほうがイケメンだと思っていました。(今主要キャストをみてたら、西島秀俊さんもでてたのですね。記憶にない!)
そこでもちろん買いました、
藤井フミヤのTRUE LOVE

81axQZ9o96L._SY606_

一緒に高橋ヒロのアンバランスなKissをして(当時の幽遊白書の主題歌)も買いました。
なんだか少し大人になったような気がしたのを覚えています。

そして初めて買ったアルバムは、
globeのglobeだったと思います。

globe

年齢的に小室世代といっても過言ではない、ドンピシャな時期だったので、小室ファミリー系で初めて借りたCDは篠原涼子の愛しさと切なさと心強さとでした。

昔はCDはレンタルするもので、中学1年生のときに買ってもらったMDコンポで、MDにおとしていました。
ところでMDっていったい何処にいってしまったんでしょうか?

小室さんも引退、安室ちゃんも引退、私の若い時代の象徴だった方たちがどんどんいなくなってきて、
自分もそれなりに年をとったと感じる今日このごろです。